ptsdは深刻な精神疾患|恐怖のトラウマを癒やしで改善

悩む男性

磁気で脳に刺激を与える

悩む女性

近年、ptsdに有効だと考えられている治療が磁気刺激治療という治療方法です。
磁気刺激を脳に与えることによってトラウマなどによって低下してしまった脳の活動を回復させることが出来る治療方法となっています。
うつ病やptsdは長年ココロの病気だと思われていましたが、実際には脳の神経や働きの病気なのです。
Ptsdなどの精神疾患を発症している患者さんの脳は血流などが低下していることから代謝なども低下している可能性があるので磁気刺激治療が脳の活動を正常に戻すためにごく小さなチカラを持った磁気で刺激するのです。
磁気刺激を行なうのは背外側前頭前野に磁気刺激を与える事によって神経細胞を伝い扁桃体という感情を司る部分である機能を刺激します。
そうすることによって感情や記憶のコントロールを行えるようにするのです。
心療内科などで処方される内服薬には様々な副作用があるためなかなか心療内科を訪れる勇気を持つことが出来ないというような方が多いので、そのような際は副作用がほとんどない磁気刺激治療を用いての治療を行なうのも良いでしょう。
磁気刺激治療の主な副作用としては、治療中に磁気刺激による頭皮痛や歯痛などなので内服薬の口の乾きや視力障害、吐き気などの酷い副作用はほとんどありません。
また、内服薬の場合薬物依存などで薬を飲まないと落ち着かない、眠れないなどの症状もほとんどないので安心して治療を受けることが出来るのです。
磁気刺激治療を行なっている心療内科はさほど多くはないので磁気刺激治療を受けたい場合はしっかりとクリニックの治療方針や治療選択に磁気刺激治療があるかどうか確認してから通うクリニックを選択しましょう。
Ptsdはけして治らない精神疾患ではありません。しっかりと治すためにも最適なクリニックを選択しましょう。