ptsdは深刻な精神疾患|恐怖のトラウマを癒やしで改善

悩む男性

周囲の方の理解

悩む女性

ptsdは深刻な精神疾患です。
精神疾患で現在有名なものはうつ病などのような日常生活にも様々な変化を与えることのある症状です。
深刻な状態になってしまうと好きだったことにも興味ややる気を見いだせなくなってしまうため生きる気力を失ってしまいます。
満たされない気持ちが強くなって虚しさを感じるため自殺したいと考える方も多いようです。
うつ病などはやる気の喪失などが主な症状の精神疾患ですが、同じ精神疾患であってもptsdは大きく症状が変わってくるのです。
生死を感じるような体験をしたことから恐怖を感じるので死にたいなどの衝動に駆られることはありません。
症状には個人差があるので辛い状態が続くのであれば死にたいと考える方も居るので注意が必要です。
ptsdは再体験以外の回避や過覚醒は本人では自覚できず、認めたくないという気持ちから専門の心療内科に通うようなことがないので周りが気をつけて見てあげることがとても大切になってきます。
回避などは自身の感情を殺してしまうことによって軽い記憶喪失を起こしてしまう可能性があります。
このような回避行動は自身のココロを守るために行なう行為なので本人に自覚症状は現れないので事故に合ってしまった際には周りがしっかりと見てあげる必要があるという事をしっかりと確認しましょう。
また、自覚症状のある再体験症状などは体験した本人がいくら周りに訴えてもなかなか理解されないことからかなり悩む方も多いそうです。
個人差などがある精神疾患のため、同じ体験をした方がptsdにならないことから精神的な甘えなのではないかと誤解されてしまう場合があるので症状やなってしまう環境には個人差があるという事を知っておく必要があります。
放っておいて悪化してしまうと健全な精神を保てなくなってしまうことも考えられるのでココロのバランスをしっかりと保てるようにサポートしましょう。