ptsdは深刻な精神疾患|恐怖のトラウマを癒やしで改善

悩む男性

相談して受け入れる

悩む女性

精神疾患の1種であるptsdは基本的に不安だという事を受け入れるということが大切になってきます。
とくに回避症状起こしてしまうタイプのptsdである場合は自分が体験した事を受け入れる事で症状が大きく回復に向かう事で知られているのでココロを開いて他の方に思い切って相談してみるという事も大切です。
思い出したくないと感情を閉じ込めてしまってもなんの解決にもならないのでまずはココロを閉ざすという回避行動を辞めてみるという事も大切なのです。
ptsdの回避症状ではこのようなちょっとした事が劇的な回復に繋がる可能性があるので辛くても少しずつ前向きに慣れるように心療内科の医師などにサポートしてもらいましょう。

ptsdの症状は他人を警戒してなかなか不安などを話すことができないという点にありますが、それと同時に心細く感じてしまう場合があります。
そのような際には自分がどの程度の不安を感じているかわからない場合があります。
一般的な方が抱えている不安と自分が抱えている不安が違うというのが分からない場合は心療内科の医師や臨床心理士の方に相談してみるというのも1つの手段として覚えておきましょう。
事故などに対する恐怖などは不安とは異なり明確な恐怖することへの対象があるためしっかりと自分が恐怖しているという事を自覚して行動する様にすることが大切です。ptsdが体の症状に出てくるという事は少ないのですが、少なくても症状として出てくる場合があるのでしっかりと自分の事を理解してくれる専門医に相談してみましょう。