ptsdは深刻な精神疾患|恐怖のトラウマを癒やしで改善

悩む男性

原因と症状を知る

悩む男性

ptsdの定義としては生死に関わるような体験やその現場の目撃などによって発症してしまう可能性のある病気です。
恐怖を感じる体験の度合いが大きければ大きいほどココロに大きな傷を負ってしまうため、体験した震災事故が重ければ重たいほど発症してしまう可能性が高くなります。
いずれにしよ、ショッキングな体験でptsdになることが多いのです。アメリカなどでは中東などに派遣されている兵士が退役して帰って来た際にptsdを発症しているということが多く、社会問題になっています。
自分が経験した体験がトラウマになるため、個人によって様々な症状が現れます。
発症は原因となる出来事を体験してからしばらく経ってから発症することが多く、再体験症状や回避、過覚醒などの代表的な症状が現れるのです。

症状の1つである再体験は、ptsdにかかってしまった際に感じた恐怖などの感覚と一緒に怪我などを負った体験を何度も体験するという症状です。
フラッシュバックという言葉が相応しいでしょう。
あの時感じた恐怖を何度も思いしてしまう事によって様々な恐怖を味わう事になります。
ココロへの負担がかなり深刻な場合、体への痛みなども一緒に感じてしまうのでかなり深刻な症状に発展してしまう場合もあるので注意が必要です。
回避はトラウマを思い出さないために苦痛や刺激、現実を避けてしまう症状です。事件の事を思い出したくないというココロの現れから事件を思い出すような場所であったり話題であったりを避けるということが回避になります。
回避は避けるということが目的なため、自宅以外で事故などにあった場合は引きこもりがちになってしまう傾向があります。
また、無理に辛い気持ちに耐えることを続けてしまうと無感情になってしまい、自暴自棄などに陥ってしまう場合も少なくありません。
過覚醒の場合は、不眠やイライラ、集中力の低下などのような症状が現れます。
精神が過敏な状態になっていることから些細な事も気になってしまいます。
過覚醒の症状は睡眠を妨げ、イライラなどの症状から体が思うように休まらない、精神的な疲労などがみられるので早めに治療したほうが良いと考えられています。